Global Englishは日本と世界をつなぐ架け橋になる

豊富な実績を誇る
SeaMed チームによる
医薬英訳・校閲・メディカルライティング

科学技術文書を執筆する上で最も注意すべき点は、「情報をいかに正確に伝えるか」ということです。「英文の質と研究・開発の質は比例する」と言っても過言ではありません。読みにくい曖昧な英文では、研究・開発の内容や成果について誤解が生じる可能性があります。
医薬業界のグローバル化が加速度的に進む今日、質の高い英訳の需要はますます高まっています。Seaman Medicalでは、ネイティブの読者だけでなく、世界のあらゆる読者を念頭におき、正確でわかりやすい英文の作成に注力しています。
seaman23web (1)
代表取締役

リー・シーマン

Lee Seamanは、オレゴン州立大学化学科を優秀な成績で卒業後、早稲田大学で日本語を習得し、日本に10年間在住して技術翻訳を学びました。科学技術分野の英訳者として20年という豊富な経験を持ち、1985年からは医薬専門の英訳者として、またメディカルライターとして活躍しています。英訳・校閲の主なご依頼者は大学等の医学研究者や製薬会社であり、ご依頼の多い文書の種類は、新薬申請書類等の海外規制当局への申請文書、研究報告書、海外の医学雑誌への 投稿論文、医学書、各種学会会報、紀要、薬事行政に関する文書等です。

また、医師・医学博士であり医学翻訳者でもあるSteven Sherman氏(カリフォルニア州医師会認定内科・内分泌専門医)と1997年より共同で英訳を行っており、これまで共訳書2冊(『Valvular Heart Disease』および『Varicella and Its Treatment in Japan』)の他、海外専門誌への投稿論文の英訳を多数手がけています。日本の製薬会社に長く勤務した経験を持つNoriko Hill氏との共同翻訳も多く、共訳書として『ABO-Incompatible Kidney Transplantation』六部作があります。また米国翻訳者協会認定の翻訳者として、同協会主催の各種セミナーなどで後進の指導も積極的に行って います

下記までお気軽にお問い合わせください(日本語可)

Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text.

Start typing and press Enter to search